目元のちりめんじわ対策にはヒアロディープパッチでヒアルロン酸補給

m010334

目元に出来るちりめんじわは顔が老けて見えるようでとっても嫌なものですね。

少しでも若く見られたいのに、年々小じわが目立つようになってきて・・・

もう一度、肌のハリやツヤを取り戻したいと思う今日この頃です。

とは言っても、エステサロンなんかに行く時間もお金もないし。

でも、エステに通うことなく、とても簡単に、ちりめんじわを解消できる方法があるので紹介したいと思います。

それがヒアロディープパッチです。


ちりめんじわが出来るのは肌の水分が失われるから

なぜ、ちりめんじわが出来てしまうのでしょうか?

大きな原因は加齢による肌年齢の低下と肌の水分が失われる事による潤い不足。

肌の水分量は20代をピークに減っていくと言われています。

30代、40代と年齢が進むごとに水分が少なくなって行きます。

肌の老化によって、水分を蓄える能力が落ちていくんでしょうね。

想像してみてください。

赤ちゃんの肌はとてもみずみずしくて、水分がたっぷりと含まれているのは分かりますね。

でも、お婆ちゃんの肌はシワだらけで触った感じもカサカサです。

肌機能の衰えとともに、水分が減ってしまってシワが出来ていくんですね。

pati03

pati04

私たちのお肌はターンオーバーという新陳代謝を常に行っています。

肌に限らず体の細胞は、古い物が死んで新しく生まれ変わるというサイクルを繰り返しています。

肌の深い層で新しい細胞が作られていき、順番に表面に押し上げられていきます。

つまり、表面の細胞は古い細胞の集まりなんです。

これが死んでいって、垢となって落ちていって次の細胞が表面に到達することを繰り返しているわけです。

このターンオーバーが正常でなかったり、サイクルが狂ってしまうと肌表面の異常として乾燥したり、ゴワゴワしたりします。

水分補充にはヒアルロン酸が効果的

肌に水分を与えてやるにはヒアルロン酸がとても効果的です。

ヒアルロン酸の保水力はとても優れていて、1gのヒアルロン酸には約6リットルもの水を蓄える能力があります。

ヒアロディープパッチの表面にはヒアルロン酸が針状に沢山ついています。

pati05

これをヒアルロン酸のマイクロニードルと呼んでいます。

このパッチを貼ることでヒアルロン酸が深部まで浸透して肌に水分を直接届けてくれます。

pati02

ヒアルロン酸を角質層の深部まで届けてやれば、それだけ水分も多く補充できます。

ヒアロディープパッチは貼って寝るだけなのでの超簡単

ヒアロディープパッチの使い方はというと、超簡単!

気になる目元のちりめんじわの部分に貼って、後は寝るだけ。

しかも週一回ケアすれば良いだけという簡単さ。

エステ通いするよりもずっと楽ちんですね。

このパッチの優れているところは通常のヒアルロン酸を含んだクリームやジェル、化粧水よりも角質の奥深いところまで到達する点です。

pati01

塗るだけのケア商品は肌のほんの表面にしかヒアルロン酸が行き渡りませんが、マイクロニードルのヒアルロン酸なら角質の奥まで浸透します。

たったの週一回貼って寝るだけでちりめんじわをケア、ヒアロディープパッチはここから↓↓